カタログ

 

カタログの制作ポイント

1.カタログ制作の目的を明確にする 〜用途とターゲット〜

カタログを制作する上でも、まずはその目的を明確にしておくことが重要です。どういう用途で用いられ、どういう成果を期待するのか、そこをはっきりさせないまま惰性で前例踏襲したカタログの制作が続くと、いずれは単なる資料としてしか役に立たないカタログと化してしまうことでしょう。カタログの目的は、どういう用途で利用されることを想定しているかということと不可分です。カタログは目録や型録などとも呼ばれ、多数の製品・サービスを体系立てて案内・説明する媒体となります。商品・サービスが一覧で掲載されたものという共通点があっても、ユーザーが常備して注文時に利用することを想定したものと、営業支援ツールとして営業担当者が持参して使用するものとでは利用シーンが大きくことなりますので、カタログのその利用シーンに合わせた作りにしておくことが肝要です。

DM用のカタログとユーザーからのカタログ請求の上送られる通販用のカタログとでは、商品カタログとしての構成要素に大きな違いはありませんが、DM用カタログには、まずは手に取って開いてもらうというステップをクリアするための要素が必要となってきますので、用途を明確にしておくことが大切というわけです。また、取り扱う商品によってもその作りは千差万別なものとなりますが、いずれにせよターゲットに合わせた作りにすることが効果的なカタログ作成のポイントとなります。特に、そのカタログがBtoC(エンドユーザー向け)で使用されるのか、BtoB(企業間取引)で使用されるのか、BtoBでも商品知識が豊富なターゲットなのかそうではないのかによって、作りには大きな違いが出てきます。

カタログの用途にもよりますが、カタログは目的意識を持った利用者に閲覧されることが多い媒体となるため、より成果に近い媒体とも言えます。そのため、よりダイレクトに求めるアクションへと繋げられるように設計しておくことも重要です。


2.掲載内容を検討する 〜ユーザー目線で〜

商品やサービスにより異なりますが、カタログのコンテンツ構成は主に製品個々の機能やスペック、サービス内容といった商品そのものの情報の他に、商品コンセプトやカテゴリ説明、機能比較など商品全体を補完して解説するような情報や、目次や索引など商品情報の検索性を高めるような構成で作られることが一般的です。カタログを作成するのが初めてという場合、商品情報として何を載せればよいのかわからないという声を聞くことも多いですが、競合他社のカタログは必ずチェックして、どのような内容が掲載されているのか、構成はどうなっているのかを確認しておきましょう。カタログを利用する側のユーザーは、ほとんどの場合、商品を比較検討するために他社カタログも利用しています。必要な情報が不足していると、ユーザーの検討対象から外れてしまうこともありえます。商品によっては客層がより具体的・専門性の高いものとなる場合もありますので、必要な情報が過不足なく掲載されていることが特に重要です。

他社カタログや類似カタログなども参考にしつつ、掲載すべき商品情報の項目を洗い出したら、必要な商品情報を集めて、商品カテゴリの分類を行いましょう。既存カタログにてすでに商品カテゴライズが済んでいる場合でも、カタログリニューアルに合わせて、再検討されることをおすすめします。場合によっては、機能での分類のようなメーカー視点での分類から、使用法での分類のようなユーザー視点での分類でカテゴリマッピングを再構成するなどして、カタログ全体の構成を見直すことも効果的です。

また、商品数の増加や掲載情報が詳細になればなるほど情報量も膨らんでいきますので、多くの情報の中から利用者が必要とする情報に容易に到達できるようにするために、検索性を上げるような工夫を施しましょう。常にユーザー目線で検討し、掲載情報により製品価値の最大化を図れるようにすることが重要ポイントです。また、掲載内容が用途とターゲットにあったものになっているかということも忘れずにチェックしてください。



用途別カタログ制作のポイント

 営業用カタログ(ユーザー設置型)

ユーザー据置タイプの営業用カタログは膨大な製品情報の中から素早く的確に目的の商品を見つけ出し、正確な注文に繋げられるように設計されていることがポイントです。そのためには適正にカテゴライズされた商品分類や、規格が微妙に異なる商品も間違えずに判断できるよう見やすくフォーマット化された商品情報の掲載が重要です。また、商品数が多い場合は索引を設けたり、小口部分に商品分類のカラーインデックスを配置するなど、検索性・ユーザビリティを上げ、より使いやすく感じられる工夫も必要です。

 営業用カタログ(営業ツール型)

営業ツールとして用いるためのカタログでは、フォーマット化された商品・サービスの情報だけではなく、商品コンセプトや他社製品との差別化要素・強みといったストロングポイントが打ち出され、営業目的達成のための仕掛けが盛り込まれていることが必須です。また、営業担当者が持参して使用するために持ち運びに優れた形状であることも求められます。商品情報の変動が早い業種などでは、ポケット付ファイルを採用して商品情報をペラタイプの差し替え式にし、フレキシブルな対応を可能としています。

 DM用カタログ

DMの目的やターゲットによっても作りは異なってきますが、DM用カタログではまず開封して中身を見てもらうための工夫が一番のポイントとなります。カタログを見ていただいた後は、購入申込書の同封や問い合わせ電話への誘導他、ターゲットに具体的な行動を促すための仕組みも必要です。営業担当者が横に居て説明するということはできないため、DMの開封からカタログの閲覧、商品・サービスの理解、行動意欲の促進、具体的なアクションに至るまでの一連の流れがDM内で完結して盛り込まれているように設計します。またDM閲覧者のみに特別なオファー(特典)を設定することもレスポンス率を上げるポイントです。

 通販用カタログ

通販用カタログはダイレクトに注文を受けることを前提に制作されるため、通常は売上の最大化が目的となります。ほとんどの場合は一般のお客様がターゲットとなるため、カタログの紙面構成はそのままリアル店舗の売り場構成と同じ意味を持ち、「誰に」「何を」「どのように」販売するのかという店舗コンセプトと、商品の見せ方、つまりVMD(ビジュアルマーチャンダイジング)が重要となります。VMDとは単なるディスプレイ(店舗装飾)ではなく、視覚的な効果を用いてお客様が購入しやすい(=商品が売れる)場を作るためのマーケティング手法で、通販用カタログ制作においても適用可能な考え方です。売上は客数×客単価となるため、購入者数を増やす=購入意欲を高める工夫と、客単価を上げる=商品価値を高める見せ方と、合わせ買いを促進する掲載方法などの工夫を施すことで、カタログ自体が販売員の役目となるような作りにすることがポイントです。

3.クロスメディア 〜カタログ+WEBサイト×SEO〜

最近ではカタログ制作のみにとどまらず、合わせてホームページの制作のご依頼を受けることも増えてまいりました。ホームページも単に商品を紹介するのみではなく、詳細なマニュアルや関連データのダウンロード機能などを盛り込んだり、電子カタログの制作やネット通販サイトの構築など、紙媒体のカタログとの多彩なクロスメディア展開を図る流れが加速しています。WEB媒体とのクロスメディア展開を図る場合は、SEO(検索エンジン対策)とリスティング広告などの施策を行うことが必須です。




カタログの仕様(サイズ・形状)

二つ折りタイプ

1枚の紙を長い辺の真ん中から二つに折る標準的な折加工となります。A3用紙の二つ折りだと、A4が4面の4P構成となります。 加工費用が最も安価で、パンフレットとしては最も一般的なタイプで簡易的な会社案内やサービス案内としての使用に最適です。

巻3折・Z折りタイプ

1枚の紙の長い辺を三分割して折る6P構成の標準的な折加工となります。1面を内側に折り、反対側の面をそこにかぶせるように折って左右に三面展開するものが巻3折で、蛇腹になるように山折りと谷折りを交互に折ったものがZ折りです。 広げたときにパッと広く見渡せるため製品案内や施設案内に最適です。1つの面がA4サイズのものが一般的です。

観音折・外4折タイプ

1枚の紙の長い辺を四分割して折る8P構成の標準的な折加工となります。両端面を内側に折り、さらに真ん中で半分に二つ折りして四面展開するものが観音折で、蛇腹になるように山折りと谷折りを交互に折ったものが外4折です。 1面A4サイズのものは開いたときにワイドに展開し、非常にインパクトのあるパンフレットになります。会社の事業紹介などに最適です。

中綴じタイプ

中綴じ製本は二つ折りの紙を重ねて中央の背の部分を針金で留める製本方法です。基本的に4の倍数のページ構成となります。 重ねた紙を綴じるためページ数は限られますが、パンフレットにはちょうどよい分量となるため、 様々な種類のパンフレットによく用いられるタイプです。A4サイズのものが一般的ですが、横型にしたり、特殊なサイズで企業の個性を表現するケースもあります。

無線綴じタイプ

無線綴じ製本は糸や針金を使わずにページ背面部分に糊を染み込ませて表紙で包む本格的製本方法です。比較的ページ数の多いカタログに使用されます。表紙には別の紙質の用紙を使えるため、商品の高級感を演出するにも最適です。

 

カタログ制作事例

カタログ最新WORKS

  • 【納品】2018.04.01 愛知県○○○市 株式会社○○○○○様 会社案内パンフレットを納品しました。
  • 【納品】2018.04.01 愛知県○○○市 株式会社○○○○○様 会社案内パンフレットを納品しました。
  • 【納品】2018.04.01 愛知県○○○市 株式会社○○○○○様 会社案内パンフレットを納品しました。
  • 【納品】2018.04.01 愛知県○○○市 株式会社○○○○○様 会社案内パンフレットを納品しました。

 


ご相談・お問い合わせ

TEL 052-861-3773
FAX 052-832-4180

打ち合わせ可能エリア

 

【愛知県】名古屋市/千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区/豊橋市/岡崎市/一宮市/瀬戸市/半田市/春日井市/豊川市/津島市/碧南市//刈谷市/豊田市/安城市/西尾市/蒲郡市/犬山市/常滑市/江南市/小牧市/稲沢市/新城市/東海市/大府市/知多市/知立市/尾張旭市/高浜市/岩倉市/豊明市/日進市/田原市/愛西市/清須市/北名古屋市/弥富市/みよし市/あま市/長久手市/愛知郡/東郷町/西春日井郡/豊山町/丹羽郡/大口町/扶桑町/海部郡/大治町/蟹江町/飛島村/知多郡/阿久比町/東浦町/南知多町/美浜町/武豊町/額田郡/幸田町/北設楽郡/設楽町/東栄町/豊根村

【三重県】津市/四日市市/伊勢市/松阪市/桑名市/鈴鹿市/名張市/尾鷲市/亀山市/鳥羽市/熊野市/いなべ市/志摩市/伊賀市/桑名郡/木曽岬町/員弁郡/東員町/三重郡/菰野町/朝日町/川越町/多気郡/多気町/明和町/大台町/度会郡/玉城町/度会町/大紀町/南伊勢町/北牟婁郡/紀北町/南牟婁郡/御浜町/紀宝町

【岐阜県】岐阜市/大垣市/高山市/多治見市/関市/中津川市/美濃市/瑞浪市/羽島市/恵那市/美濃加茂市/土岐市/各務原市/可児市/山県市/瑞穂市/飛騨市/本巣市/郡上市/下呂市/海津市/羽島郡/岐南町/笠松町/養老郡/養老町/不破郡/垂井町/関ケ原町/安八郡/神戸町/輪之内町/安八町/揖斐川町/大野町/池田町/本巣郡/北方町/加茂郡/坂祝町/富加町/川辺町/七宗町/八百津町/白川町/白川村/可児郡/御嵩町/大野郡/白川村

会社情報

Copyright (C) 2019 パンフレット制作王国 All Rights Reserved.